親鸞と歎異抄

今井雅晴 著

浄土真宗の開祖親鸞のことばを門弟の唯円がまとめたとされる歎異抄。原文に平易な現代語訳を付し、丹念に読み解きながら親鸞の思想を探り、生き様も描く。今なお心に響くことばから、現代人の生きる指針をみつめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 親鸞の一生(親鸞の生まれた時代
  • 京都の親鸞 ほか)
  • 歎異抄の書誌(歎異抄の歴史
  • 歎異抄の著者と執筆意図)
  • 親鸞のこころ(歎異抄第一章
  • 歎異抄第二章 ほか)
  • 唯円の周辺(唯円の人物像
  • 唯円を囲む環境 ほか)
  • 唯円の思い(歎異抄第十一章
  • 歎異抄第十二章 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親鸞と歎異抄
著作者等 今井 雅晴
書名ヨミ シンラン ト タンニショウ
シリーズ名 歎異鈔 392
歴史文化ライブラリー 392
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.1
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05792-9
NCID BB17526727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22519682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想