説得力ある伝え方

伊藤真 著

説得とは相手を言い負かすことではない。自分と相手の共通のゴールを示し、納得した相手に自発的に態度や行動を変えてもらうのが、「説得する」ということ。天性の才能や話術がなくても、ちょっとした工夫で、あなたの話の説得力は飛躍的に高まる。「テクニックで誘導すると良い関係が築けない」「『これが自分の聞きたかったこと』と相手に思わせる」「教師、芸人、占い師etc.自分を捨てて役割を演じる」-カリスマ塾長・経営者・弁護士として多くの人の心を動かしてきた体験から編み出された、実践的説得の極意。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人はどんなときに説得されるのか(「協調性がある」と「他人の言いなりになる」は違う
  • 説得とは「相手を言い負かす」ことではない ほか)
  • 第2章 説得して、されて、私が体得したこと(人気急降下中の業界に飛び込んでもらうための説得
  • 「意見の対立」がどこから生じているのかを探る ほか)
  • 第3章 口下手でOK!説得力ある伝え方(説得力の中核にあるのは「事実」「論理」「言葉」
  • 相手が自ら従おうという気になるのが「権威」 ほか)
  • 第4章 正答のない世界で生きるために(説得が不要な世の中は多様性がなくて息苦しい
  • 情報を共有しなければ議論はいつまでも平行線 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 説得力ある伝え方
著作者等 伊藤 真
書名ヨミ セットクリョク アル ツタエカタ : クチベタ ガ ハンデ デ ナクナル ロクジュウハチ ノ チエ
書名別名 口下手がハンデでなくなる68の知恵
シリーズ名 幻冬舎新書 い-4-3
出版元 幻冬舎
刊行年月 2014.11
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98364-9
NCID BB1751652X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22507736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想