逆問題の考え方

上村豊 著

原因から結果を予測する-これは、順問題。結果から原因を探る-これが、逆問題だ。古典物理では説明不可能な現象が顕在化しその限界が意識され始めた19世紀末頃から、観測結果に基づいて現象の原因を決定する逆問題の発想による研究が始まった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 逆問題とはなにか
  • 第2章 史上最大の逆問題
  • 第3章 振動の逆問題
  • 第4章 プランクのエネルギー量子発見
  • 第5章 海洋循環逆問題
  • 第6章 逆問題としての連立1次方程式
  • 第7章 逆問題のジレンマ
  • 第8章 量子散乱の逆問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆問題の考え方
著作者等 上村 豊
書名ヨミ ギャクモンダイ ノ カンガエカタ : ケッカ カラ ゲンイン オ サグル スウガク
書名別名 結果から原因を探る数学
シリーズ名 ブルーバックス B-1893
出版元 講談社
刊行年月 2014.12
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257893-6
NCID BB17511300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22517495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想