学問の力

佐伯啓思 著

学問は現実に対してますます力を失い、衰退に拍車がかかっている。「知の芸能化」や「専門主義化」を克服するにはどうすべきか。その処方箋として、普遍性の追求と同時に「故郷」を持つことの大切さを、自身の研究体験を紹介しながら提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学問はなぜ閉塞状態に陥ったのか
  • 第2章 体験的学問論-全共闘と教養主義
  • 第3章 「知ること」と「わかること」
  • 第4章 現代はなぜ思想を見失ったか
  • 第5章 「保守主義」から読み解く現代
  • 終章 学問の故郷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学問の力
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ ガクモン ノ チカラ
シリーズ名 ちくま文庫 さ41-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.12
ページ数 294p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43232-2
NCID BB17501169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22528216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想