書藪巡歴

林望 著

書誌学の初歩から、在りし日の先学の姿、江戸時代の出版事情など、書物を通して見られる世界を軽妙な筆致で描く。『書藪巡歴』に、『書誌学の回廊』の一部をあわせ収めた増補決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 書藪巡歴(逃した魚
  • 赤木文庫主人
  • 『わらひ草のさうし』という本
  • 失踪した書物たち
  • 晩年の阿部隆一先生 ほか)
  • 2 書誌学の回廊(抄)(『覆醤集』のこと-石川丈山「隠者のうたごころ」
  • 嵯峨本を夢む-本阿弥光悦の印刷工房
  • 版木のゆくえ-江戸時代出版事情
  • 刊・印・修ということ-「浮世草子」を調べ尽くす
  • 「古文真宝なる顔つき」-西鶴と芭蕉の基礎教養 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書藪巡歴
著作者等 林 望
書名ヨミ ショソウ ジュンレキ
シリーズ名 ちくま文庫 は37-4
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.12
版表示 増補
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43228-5
NCID BB17500370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22528222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想