黒沢清と〈断続〉の映画

川崎公平 著

観る者の予断を翻弄し続ける特異な作品群によって世界の映画シーンを震撼させてきた奇才・黒沢清。彼が思考する"ホラー映画"、ひいては"映画"というメディアそれ自体のリミットはいかにして作品に刻み込まれているのか。『CURE』以降の6つの作品を解体・再構築しながら、断絶と接続の二重性="断続"というキーワードによって、映画創作の核心に迫る、初の本格的黒沢清論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二重性の二重化
  • 第1部 "関係"の重層-『CURE』をめぐって(媒介者の肖像-『CURE』の系譜
  • 「断続」をめぐる闘争-「関係」の映画としての『CURE』)
  • 第2部 "非‐人間"と"断言"の未来-ホラーのリミット(「決定」をやりなおす-『回路』の壁の染み
  • 根拠なき分身-『降霊』から『ドッペルゲンガー』へ)
  • 第3部 "過去"の明滅-出会いの準備(事後の光-『LOFT』と「過去」の問題系
  • 記憶喪失者のフラッシュバック-『叫』における「出会い」と「断続」)
  • 「戦い」をはじめなおすために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒沢清と〈断続〉の映画
著作者等 川崎 公平
書名ヨミ クロサワ キヨシ ト ダンゾク ノ エイガ
書名別名 Kurosawa kiyoshi to danzoku no eiga
出版元 水声社
刊行年月 2014.12
ページ数 372p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8010-0072-8
NCID BB17499180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22509230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想