社会学の歴史  1

奥村隆 著

社会学者はなにを「謎」ととらえ、どのように格闘してきたのか。社会学の成立と展開を、はじめて学ぶ大学生への講義ライブというかたちで解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「社会学」のはじまり-社会という謎
  • 第2章 カール・マルクス-資本という謎
  • 第3章 エミール・デュルケーム-連帯という謎
  • 第4章 マックス・ヴェーバー-行為という謎
  • 第5章 ゲオルク・ジンメル-距離という謎
  • 第6章 シカゴ学派とミード-アメリカという謎
  • 第7章 パーソンズとマートン-秩序という謎
  • 第8章 亡命者たちの社会学-ナチズムという謎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学の歴史
著作者等 奥村 隆
書名ヨミ シャカイガク ノ レキシ : シャカイ ト イウ ナゾ ノ ケイフ
書名別名 A History of Sociology

A History of Sociology : 社会という謎の系譜
シリーズ名 Basic
有斐閣アルマ
巻冊次 1
出版元 有斐閣
刊行年月 2014.12
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-22039-3
NCID BB17486677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想