日本占領史1945-1952

福永文夫 著

1945年の敗戦後、マッカーサーを頂点にGHQの支配下に置かれた日本。当初占領政策は非軍事化・民主化を推進、平和主義を追求した日本国憲法が花開く。だが冷戦が深まる中、日本を「反共親米」にすべく、政策は経済復興に転換される。51年、朝鮮戦争の最中に結ばれたサンフランシスコ講和条約は日米安保条約とセットの締結となった。本書は、21世紀まで続く「戦後体制」が創られた日本占領7年間の全貌を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 占領した者とされた者-東京・ワシントン・沖縄
  • 第1章 敗戦と占領-非軍事化、民主化へ(日本降伏からGHQの成立へ
  • 戦後政治の起動)
  • 第2章 占領改革と政党政治の再出発(日本国憲法の誕生
  • 公職追放から新生議会へ)
  • 第3章 中道政権の軌跡-改革の転換点(片山内閣の誕生-日米「改革派」連合の形成
  • 動揺する中道政権-求められる経済安定)
  • 第4章 占領政策の転換-民主化から経済復興へ(中道政権の限界-片山内閣から芦田内閣へ
  • ドッジ・ライン-日米「保守派」連合の形成)
  • 第5章 サンフランシスコ講和-占領の終結(講和への道-全面講和か単独講和か
  • 米軍駐留容認と朝鮮戦争の激化
  • 二つの条約締結へ-講和と日米安保)
  • 占領と戦後日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本占領史1945-1952
著作者等 福永 文夫
書名ヨミ ニホン センリョウシ センキュウヒャクヨンジュウゴ センキュウヒャクゴジュウニ : トウキョウ ワシントン オキナワ
書名別名 東京・ワシントン・沖縄

Nihon senryoshi senkyuhyakuyonjugo senkyuhyakugojuni
シリーズ名 中公新書 2296
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.12
ページ数 360p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102296-7
NCID BB17484150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22525407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想