もういちど村上春樹にご用心

内田樹 著

なぜ村上春樹文学には、朝ご飯を食べたりお掃除をしたりするシーンが頻繁に描かれるのだろう?司馬遼太郎の後継者としての村上春樹から、「正しいふるまい」のマニュアルのない世界で生きるヒントまで、村上文学の多彩な魅力を掘り下げた異色の一冊。「多崎つくる」論、「女のいない男たち」論を加えた文庫オリジナルバージョン。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 初心者のための村上春樹の「ここが読みどころ」
  • 2 『1Q84』とエルサレム・スピーチを読む
  • 3 村上春樹の世界性
  • 特別対談 柴田元幸×内田樹『村上春樹はからだで読む』
  • 4 翻訳家・村上春樹
  • 5 うなぎと倍音
  • 6 雪かきくん、世界を救う
  • 文庫版特別付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もういちど村上春樹にご用心
著作者等 内田 樹
書名ヨミ モウ イチド ムラカミ ハルキ ニ ゴヨウジン
書名別名 Mo ichido murakami haruki ni goyojin
シリーズ名 文春文庫 う19-17
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.12
ページ数 328p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790259-9
NCID BB17466658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22501882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想