愛の言葉

渡辺淳一 著

これほど愛し、愛された作家はいない-。1970年の直木賞受賞から、2014年の春に惜しまれつつも亡くなるまで、40数年の作家生活であらわした「愛の言葉」の数々。愛を探し求め続けて日本人の心に何を残したのか。人間とは、老いとは…?偏見とタブーを憎み、独自の文学表現に挑んだ、偉大なる作家のインタビュー&エッセイ集成1970‐2014。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 直木賞受賞のことば
  • 男たちの錯覚
  • 男性天国
  • 宴のあと
  • 父の時代
  • ある夫婦喧嘩から
  • ナルシシズムの功罪
  • 有馬頼義先生、そして「石の会」のこと
  • 女の性は純文学だから
  • いわゆる遊離症について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛の言葉
著作者等 渡辺 淳一
書名ヨミ アイ ノ コトバ
書名別名 Ai no kotoba
シリーズ名 文春文庫 わ1-32
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.12
ページ数 265p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790255-1
NCID BB17465881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22511784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想