平泉

斉藤利男 著

奥州藤原氏の政庁平泉館跡で発見された儀式・宴会用の大量のかわらけ。金、馬、鷲羽の交易で得られた巨富。紛争の調停者として所領支配を保障し、平和の実現をもって家臣団を統合する独自の安全保障体制-。中国大陸までつながる交易網を築き、一宮二十二社制や真言密教など中央の神仏体系を拒否した奥州藤原氏は、列島に第三の勢力として君臨した。北韓三十九度以北に華開いた、ヤマトともアズマとも異なるもうひとつの世界を明らかにし、歴史のなかの「東北」を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 北方王国の夢
  • 第1章 一〇・一一世紀の北方世界-平泉前史
  • 第2章 奥州藤原氏誕生
  • 第3章 平泉開府と北方王国
  • 第4章 仏教都市平泉と平泉仏教
  • 第5章 「北方王国の都」平泉
  • 終章 未完の北方王国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平泉
著作者等 斉藤 利男
書名ヨミ ヒライズミ : ホッポウ オウコク ノ ユメ
書名別名 北方王国の夢
シリーズ名 講談社選書メチエ 588
出版元 講談社
刊行年月 2014.12
ページ数 349p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258591-0
NCID BB17460345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22508821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想