半導体量子輸送物性

勝本信吾 著

近年急速な発展を遂げた半導体デバイス物理のなかから、特に量子論、多体論の意味で一般性が高く重要な成果を、量子輸送現象の分野に限り、初学者向けに有機的かつ体系的な知識として提供することをめざした入門的解説書。バルクの物性の基礎、不純物ドーピングなどについて復習した後、量子構造の作製法を述べ、電子状態の計算法について解説する。以上の基礎のうえに、量子輸送現象について議論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 半導体中の電子
  • 2 半導体のバンド構造
  • 3 外部摂動に対する応答
  • 4 量子構造を作る
  • 5 量子ドット
  • 6 量子細線
  • 7 量子ドットと量子回路
  • 8 2次元電子系
  • 9 半導体‐超伝導接合系
  • 10 半導体スピン物性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半導体量子輸送物性
著作者等 勝本 信吾
書名ヨミ ハンドウタイ リョウシ ユソウブツセイ
シリーズ名 新物理学シリーズ 43
出版元 培風館
刊行年月 2014.11
ページ数 268p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-563-02445-1
NCID BB17453179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22517351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想