金達寿小説集

金達寿 [著]

昭和五年、十歳で渡日後、働きながら文学者を志し、在日朝鮮人文学者の嚆矢として活躍、のちに古代史研究『日本の中の朝鮮文化』等でも大きな業績を残した異才。川端康成、中村光夫、佐藤春夫らに高く評価されながらも「もはや新人でない」からと芥川賞を逸した「朴達の裁判」始め、日大芸術科在学中の習作から壮年期までの小説を精選、小説家・金達寿の真骨頂を示す記念碑的作品集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金達寿小説集
著作者等 金 達寿
書名ヨミ キム ダルス ショウセツシュウ
書名別名 Kimu darusu shosetsushu
シリーズ名 講談社文芸文庫 きJ1
出版元 講談社
刊行年月 2014.12
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290254-0
NCID BB17432215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22505443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想