織物

植村和代 著

1万年以上も前に人類が初めて機械でつくった製品、織物。機織り技術とともに衣文化はどう変遷したのだろうか。日本と東南アジアやインド、ペルシアとの交流や伝播の歴史を織機からたどり直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間特有の織物文化
  • 第2章 古代の織物と織機
  • 第3章 幻の織物 倭文
  • 第4章 花織の源流
  • 第5章 大和機の系譜
  • 第6章 近世日本の織機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 織物
著作者等 植村 和代
書名ヨミ オリモノ
書名別名 Orimono
シリーズ名 ものと人間の文化史 169
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2014.12
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21691-6
NCID BB1743072X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22562058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想