その言葉を/暴力の舟/三つ目の鯰

奥泉光 [著]

東京で三年ぶりに再会した、故郷の俊才の変わり果てた姿「その言葉を」。他人の怒りと攻撃性を誘発せずにはおかない、風変わりな先輩との四年間「暴力の舟」。父の葬式で一堂に会した親族たちの、幼い頃は窺い知れなかったそれぞれの事情「三つ目の鯰」。七〇年代の青春の一光景を映し出す、瑞々しい初期中篇三作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 その言葉を/暴力の舟/三つ目の鯰
著作者等 奥泉 光
書名ヨミ ソノ コトバ オ ボウリョク ノ フネ ミツメ ノ ナマズ
書名別名 Sono kotoba o boryoku no fune mitsume no namazu
シリーズ名 講談社文芸文庫 おV2
出版元 講談社
刊行年月 2014.12
ページ数 359p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290251-9
NCID BB1742718X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22506599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想