ギュンター・ヤコブス著作集  第1巻 (犯罪論の基礎)

ギュンター・ヤコブス [著] ; 松宮孝明 編訳

[目次]

  • 刑法の行為概念
  • 責任原理
  • 結果犯における遡及禁止-作為に対する刑法上の負責根拠についての研究
  • 作為および不作為の刑法的帰責
  • 従属性-共同組織化の前提条件について
  • 故意なき道具を利用した間接正犯における客観的帰属
  • 客観的帰属論に関する覚え書き
  • 異邦人の責任
  • 刑法上の故意概念に関する新しいものと古いもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギュンター・ヤコブス著作集
著作者等 Jakobs, Günther
松宮 孝明
Jakobs G¨unther
ヤコブス ギュンター
書名ヨミ ギュンター ヤコブス チョサクシュウ
巻冊次 第1巻 (犯罪論の基礎)
出版元 成文堂
刊行年月 2014.11
ページ数 279p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-5132-8
NCID BB17425162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22520092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想