歴代日本銀行総裁論

吉野俊彦 [著] ; 鈴木淑夫 補論

明治十五年(一八八二)、近代的幣制を確立すべく創設された日本銀行。その歴史は波瀾に満ちている。昭和の恐慌と戦争、復興から高度成長、ニクソン・ショックと石油危機、バブル、平成のデフレ…。「通貨価値の安定」のため、歴代総裁はいかに困難に立ち向かったのか。三十一代二十九人の栄光と挫折を通して描く日本経済の鏡像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 吉原重俊論
  • 富田鐵之助論
  • 川田小一郎論
  • 岩崎彌之助論
  • 山本達雄論
  • 松尾臣善論
  • 高橋是清論
  • 三島彌太郎論
  • 井上準之助論
  • 市来乙彦論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴代日本銀行総裁論
著作者等 吉野 俊彦
鈴木 淑夫
書名ヨミ レキダイ ニッポン ギンコウ ソウサイロン : ニッポン キンユウ セイサクシ ノ ケンキュウ
書名別名 日本金融政策史の研究

Rekidai nippon ginko sosairon
シリーズ名 講談社学術文庫 2272
出版元 講談社
刊行年月 2014.12
ページ数 509p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292272-2
NCID BB17419738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22505986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想