テンプル騎士団

篠田雄次郎 [著]

十二世紀初頭、十字軍の聖地奪還により誕生したテンプル騎士団。イェルサレムの防衛と巡礼者の守護を担う騎士、教皇に属し厳格な規律に生きる修道士、東西文化交流の媒介者、莫大な資産を有し王家をも経済的に支える財務機関。近代の国民国家や軍隊、多国籍企業の源流として後世に影響を与えた謎の軍事的修道会の実像に、文化社会学の視点から迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東征前夜(東征への呼びかけ
  • それまでの国際情勢 ほか)
  • 第2章 十字軍の東征(奇襲の成功
  • 十字軍に駆りたてたもの ほか)
  • 第3章 近代的組織の発生(テンプル騎士団の創設
  • 改革と革新 ほか)
  • 第4章 テンプル騎士団の組織(テンプル騎士団会則
  • テンプル騎士団の最高幹部と装備 ほか)
  • 第5章 栄光と壊滅(フィリップ美王の陰謀
  • 国王と行政官僚 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テンプル騎士団
著作者等 篠田 雄次郎
書名ヨミ テンプル キシダン
書名別名 Tenpuru kishidan
シリーズ名 講談社学術文庫 2271
出版元 講談社
刊行年月 2014.12
ページ数 209p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292271-5
NCID BB17419035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22505984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想