計画の創発

島本実 著

三十年の超長期にわたった、産官学連携による新エネルギー開発プロジェクトは予想された成果を上げたのか。経営史(歴史研究)と組織論(理論研究)を架橋する力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会的課題のイノベーションによる解決-問題の所在
  • 第2章 サンシャイン計画とは何か-計画の全体像
  • 第3章 技術開発のマネジメント-第一事例研究 プロジェクト・マネジメントとして見たサンシャイン計画
  • 第4章 合理モデルから自然体系モデルへ-視点の転換1
  • 第5章 制度存続のレジティマシー-第二事例研究 制度の自己目的化過程として見たサンシャイン計画
  • 第6章 自然体系モデルから社会構築モデルへ-視点の転換2
  • 第7章 意味創出のポリティクス-第三事例研究 個人の意味世界として見たサンシャイン計画
  • 第8章 組織の多視点分析-本書の結論
  • 補論 計画後の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計画の創発
著作者等 島本 実
書名ヨミ ケイカク ノ ソウハツ : サンシャイン ケイカク ト タイヨウコウ ハツデン
書名別名 National Project Management

National Project Management : サンシャイン計画と太陽光発電
出版元 有斐閣
刊行年月 2014.11
ページ数 387,11p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-16440-6
NCID BB17401630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22514710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想