外国人労働者受け入れを問う

宮島喬, 鈴木江理子 著

少子高齢化が進み、1998年をピークに労働力人口が減り続けている日本。安倍政権は、2020年の東京五輪に向けた大規模なインフラ整備や女性「活用」政策などのために、安易なかたちで外国人労働者受け入れを進めようとしている。こうした政策のあり方を問いただし、公正と人権の原則に基づき、共に生きる隣人として彼/彼女たちを受け入れる方策を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フロントドアからの外国人労働者受け入れに向けて
  • 第2章 高齢社会の医療、福祉を支える人々を迎える
  • 第3章 移住女性の権利を守るためには
  • 第4章 社会的・文化的受け入れ態勢を整える
  • 第5章 「移民政策ではない」という言説を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国人労働者受け入れを問う
著作者等 宮島 喬
鈴木 江理子
書名ヨミ ガイコクジン ロウドウシャ ウケイレ オ トウ
書名別名 Gaikokujin rodosha ukeire o to
シリーズ名 岩波ブックレット No.916
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.12
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270916-1
NCID BB17391821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22517599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想