命をつなげ

稲泉連 著

宮城県仙台市から青森県青森市まで。雄大なリアス式海岸に沿って走る国道45号線は「命の道」と呼ばれている。あの日、3月11日に襲った津波により国道は壊滅状態に。この道を開かなければ救助も救援もできない。度重なる余震。あるいは自らの命を失うかもしれない。けれど「やるしかねえよな」-。道路の復旧にかけた人々の高き矜持を描くノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 瓦礫に塞がれた道-宮古市
  • 第2章 被災地を救った燃料と「伝説の旧道」-南三陸町、気仙沼市
  • 第3章 地元住民が作った「命の道」-釜石市

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 命をつなげ
著作者等 稲泉 連
書名ヨミ イノチ オ ツナゲ : ヒガシニホン ダイシンサイ ダイドウミャク フッキュウ エノ タタカイ
書名別名 東日本大震災、大動脈復旧への戦い

Inochi o tsunage
シリーズ名 新潮文庫 い-119-1
出版元 新潮社
刊行年月 2014.12
ページ数 303p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-126281-9
NCID BB17387551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22501593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想