肝・胆・膵腫瘍

坂元亨宇 専門編集 ; 平岡伸介, 尾島英知 副編集

[目次]

  • 1章 病理診断の流れとポイント(肝腫瘍の診断
  • 胆道腫瘍の診断 ほか)
  • 2章 診断のための基本知識(肝胆膵の画像診断
  • 肝生検と局所(ラジオ波)治療 ほか)
  • 3章 肝・胆・膵腫瘍の概要と鑑別診断(肝腫瘍
  • 胆道腫瘍 ほか)
  • 4章 病理検体の取り扱い(肝
  • 胆道 ほか)
  • 5章 症例の実際(CK19陽性肝細胞癌
  • 慢性肝障害に伴う多発肝癌 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝・胆・膵腫瘍
著作者等 坂元 亨宇
尾島 英知
平岡 伸介
青笹 克之
書名ヨミ カン タン スイシュヨウ
書名別名 Kan tan suishuyo
シリーズ名 癌診療指針のための病理診断プラクティス / 青笹克之 総編集
出版元 中山書店
刊行年月 2014.12
ページ数 372p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-521-73676-1
NCID BB17322782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22510880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想