宮本常一講演選集  8 (日本人の歩いてきた道)

宮本常一 著 ; 田村善次郎 編

本巻には第六、七巻に収録した日本観光文化研究所での講義録『日本文化の形成』と相補する八つの講演を収録した。沖縄国際海洋博覧会でおこなわれた国際シンポジウムでの講演「日本の漁村と漁民」、混合物としての日本文化を血信仰から水信仰への変遷として論じた「民族と宗教-血と水のまつり」、台湾、中国への旅の知見を通して日本文化の背景を語った「台湾の先住文化と日本文化」「中国の船」、異なる民族と地域の間にある文化の共通性と国有性を説いた「民俗研究の将来に望むもの」、他三篇を収める。いずれも「日本人の歩いてきた道」にかかわる講演である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の漁村と漁民
  • 山の民、海の民の文化
  • 民族と宗教-血と水のまつり
  • 日本人の歩んできた道
  • 台湾の先住文化と日本文化
  • 民俗研究の将来に望むもの
  • 中国の船
  • 生活と伝統

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本常一講演選集
著作者等 宮本 常一
田村 善次郎
書名ヨミ ミヤモト ツネイチ コウエン センシュウ
巻冊次 8 (日本人の歩いてきた道)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2014.11
ページ数 341p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-540-13148-6
NCID BB17297448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22507656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想