日本武道と東洋思想

寒川恒夫 著

東洋思想の特徴そのものといえる事理一体・道器一貫を、戦闘技術=武のなかに見出した「日本の武道」。その歴史的背景を、日本における武術の黎明期から現代まで克明に追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 武の論理-バイオレンスはいかに封じ込められ、そして生きているか
  • 第2章 心法武術-技をめぐる悟りの世界
  • 第3章 武道とは何か-概念史からの接近
  • 第4章 柔道-心法から科学へ:嘉納治五郎が封印した世界
  • 第5章 武と武道の国際化
  • エピローグ 術と道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本武道と東洋思想
著作者等 寒川 恒夫
書名ヨミ ニホン ブドウ ト トウヨウ シソウ
出版元 平凡社
刊行年月 2014.11
ページ数 394p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-61004-8
NCID BB17290777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22603580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想