岩波講座コミュニケーションの認知科学  5

安西祐一郎, 今井むつみ, 入來篤史, 梅田聡, 片山容一, 亀田達也, 開一夫, 山岸俊男 編集委員

病気や障害をもつ人びと、あるいは子どもや高齢者への支援は、相手への思いやりや共感が前提である。支援する者とされる者との立場の非対称を踏まえ、自己の尊厳を守り、自己の存在をいかに相手に認めてもらうかが鍵となる。それを可能にするコミュニケーションの特徴とは何か。臨床現場では何が問われているのかを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自立と支援の意味
  • 第2章 認知症者に対する自立と支援
  • 第3章 言語聴覚障害とコミュニケーション
  • 第4章 発達障害とは何か
  • 第5章 会話分析からわかる医療現場
  • 第6章 コミュニケーションとして見るユニバーサルデザイン-「使いやすさ」とは何か
  • 第7章 司法場面におけるコミュニケーション
  • 第8章 植物状態における共存・共有の起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岩波講座コミュニケーションの認知科学
著作者等 今井 むつみ
仲 真紀子
入來 篤史
内山 登紀夫
原田 悦子
安西 祐一郎
川島 理恵
池田 学
片山 容一
立石 雅子
書名ヨミ イワナミ コウザ コミュニケーション ノ ニンチ カガク
書名別名 自立と支援

The Cognitive Science of Human Communication
巻冊次 5
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.11
ページ数 213p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-011375-5
NCID BB17268348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22513443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想