内山節著作集  8 (戦後思想の旅から)

内山節 著

戦後に生まれ、高度成長期に少年時代を迎えた世代にとって、戦後社会・戦後思想とは何だったか。「民主的」な戦後社会に潜む管理と自由の喪失をあぶり出す。ほかに「合理的思想の動揺」「日本の伝統的自然観について」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後思想の旅から(戦後的思想の形成
  • 戦後史における社会主義思想
  • 現代における人間の問題
  • 新しい思想を求めて)
  • 合理的思想の動揺
  • 日本の伝統的な自然観について-基層的な精神と現代の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内山節著作集
著作者等 内山 節
書名ヨミ ウチヤマ タカシ チョサクシュウ
巻冊次 8 (戦後思想の旅から)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2014.11
ページ数 270p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-540-14132-4
NCID BB17253056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22506362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想