口のなかの小鳥たち

サマンタ・シュウェブリン 著 ; 松本健二 訳

几帳面で整頓好きな普通の男の暮らしに突然入ってきたシルビア、そして小鳥を食べる娘サラ…。父娘2人の生活に戸惑う父親の行動心理を写しだした表題作「口のなかの小鳥たち」など、日常空間に見え隠れする幻想と現実を、硬質で簡素な文体で描く15篇。スペイン語圏における新世代幻想文学の旗手による傑作短篇集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 口のなかの小鳥たち
著作者等 Schweblin, Samanta
松本 健二
シュウェブリン サマンタ
書名ヨミ クチ ノ ナカ ノ コトリタチ
書名別名 PÁJAROS EN LA BOCA
シリーズ名 はじめて出逢う世界のおはなし アルゼンチン編
出版元 東宣
刊行年月 2014.10
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-88588-083-4
NCID BB17241760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22489341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想