社会脳からみた認知症

伊古田俊夫 著

「認知症+予備軍1000万人」時代に備える。記憶障害や知的能力の低下だけではとらえきれない、患者の「心の変化」とは?現役世代からの早期発見を可能にする知識とは?症状を理解し、介護の負担を軽くする新しい視点を、専門医がやさしく語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人の気持ちを理解できない-「理不尽に怒る脳」の源を求めて
  • 第2章 「社会脳」とは何か?-社会脳科学の誕生
  • 第3章 社会脳の視点から認知症をとらえ直す-1社会的認知
  • 第4章 社会脳の視点から認知症をとらえ直す-2より高次な社会脳機能
  • 第5章 社会脳の障害から認知症を診断する
  • 第6章 早期発見して重症化を防ぐ-認知症における新しいミッション
  • 第7章 「認知症+予備軍」一〇〇〇万人時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会脳からみた認知症
著作者等 伊古田 俊夫
書名ヨミ シャカイノウ カラ ミタ ニンチショウ : チョウコウ オ ミヌキ ジュウショウカ オ クイトメル
書名別名 徴候を見抜き、重症化をくい止める
シリーズ名 ブルーバックス B-1889
出版元 講談社
刊行年月 2014.11
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257889-9
NCID BB17234539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22500204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想