地域のなかの軍隊  3

河西 英通【著】

太平洋に面した温暖な東海、日本海からの風雪が避けられない北陸、険しい山岳地帯の内陸。自然環境が大きく異なることで、多様な軍事施設の配置が特徴である中部地方の実態に迫り、各都市と軍隊との関わりを描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東海(東海軍都論-豊橋と、関連しての名古屋・浜松
  • 航空軍都浜松の成立と変遷)
  • 2 北陸(軍都金沢と第九師団
  • "廃師軍都"高田の戦時
  • 日本海と軍都敦賀)
  • 3 内陸(内陸の都市と軍隊-長野・山梨)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域のなかの軍隊
著作者等 井筒 康人
伊藤 厚史
佃 隆一郎
吉田 律人
大串 潤児
幅 国洋
本康 宏史
村瀬 隆彦
河西 英通
書名ヨミ チイキ ノ ナカ ノ グンタイ
書名別名 列島中央の軍事拠点 : 中部

Chiki no naka no guntai
巻冊次 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.12
ページ数 220,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06475-0
NCID BB1722989X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22500534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想