ゴッホ〈自画像〉紀行

木下長宏 著

三七歳で自ら命を絶ったヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。彼の画家人生は、わずか一〇年あまりにすぎない。その短い歳月に、四〇点を超える自画像を遺した。なぜゴッホはこれほど多くの自画像を描き、そしてそこに何を見いだしたのか-。ゴッホ研究の第一人者が、その求道的な生涯とともに、自画像を一点ずつたどっていく。丹念な作品の読解によって浮かび上がる、新しいゴッホの世界。自画像全点カラー収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 牧者への夢-自画像以前の時代(「一本の道」-画家になるまで
  • 畑を耕すように描く-エッテン、ハーグ、ヌエネン)
  • 2 自問する絵画-自画像の時代(鏡に映らない自己を描く-パリ
  • 日本の僧侶のように-アルル)
  • 3 弱者としての自覚-自画像以降の時代(遠くへのまなざし-サン・レミ・ド・プロヴァンス
  • 背景の肖像画へ-オーヴェル・シュル・オワーズ)
  • 付 描かれたゴッホ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴッホ〈自画像〉紀行
著作者等 Gogh, Vincent van
木下 長宏
書名ヨミ ゴッホ ジガゾウ キコウ : カラーバン
書名別名 カラー版
シリーズ名 中公新書 2292
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.11
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102292-9
NCID BB17229222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想