はやぶさ2の真実

松浦晋也 著

日本の宇宙探査が危ない!本来、宇宙探査は非常に息の長い事業だ。2020年のはやぶさ2帰還後も、継続的に宇宙探査を実施するためには、今すぐにでも次の計画を立ち上げておく必要がある。宇宙探査に何よりも必要なのは人材だ。人材は、経験を積むことによってのみ育成することができる。探査計画が途切れると、人材育成の流れが途切れ、はやぶさから始まった宇宙探査もまた途切れることになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大いなる賭けであった初代はやぶさ
  • 第2章 宇宙大航海時代
  • 第3章 宇宙創生の謎に迫る
  • 第4章 これがはやぶさ2だ
  • 第5章 地上の長く曲がりくねった道
  • 第6章 未知の空間へ、未踏の星へ-日本の現状と宇宙探査の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はやぶさ2の真実
著作者等 松浦 晋也
書名ヨミ ハヤブサ ニ ノ シンジツ : ドウナル ニッポン ノ ウチュウ タンサ
書名別名 どうなる日本の宇宙探査
シリーズ名 講談社現代新書 2291
出版元 講談社
刊行年月 2014.11
ページ数 297p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288291-0
NCID BB17224080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22501613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想