コーポレート・ガバナンス

花崎正晴 著

低迷する業績、頻発するスキャンダル。悲鳴をあげる日本企業にとって、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の根本問題は何か。一九九〇年代以降のガバナンス構造の変貌によって企業はどう変わったのか。そもそも銀行をはじめとする日本企業のガバナンスにはどのような特徴があったのか。実証分析によって通説がくつがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コーポレート・ガバナンスとは何か
  • 第2章 アメリカ型ガバナンスの特徴と限界
  • 第3章 日本型ガバナンスを再検討する
  • 第4章 日本の銀行のガバナンス
  • 第5章 東アジア企業のガバナンス構造
  • 第6章 コーポレート・ガバナンスの将来展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーポレート・ガバナンス
著作者等 花崎 正晴
書名ヨミ コーポレート ガバナンス
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1513
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.11
ページ数 180,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431513-1
NCID BB17212911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22517778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想