統計学が最強の学問である  実践編 (データ分析のための思想と方法)

西内啓 著

平均値の知られざる本質から代表的な6手法の使い方まで、「ビジネス×統計学」の最前線で活躍する著者が明かす因果関係を見抜くためのフレームワーク。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ビジネスと統計学を繋ぐために
  • 第1章 統計学の実践は基本の見直しから始まる-「平均」と「割合」の本質
  • 第2章 統計学が「最強」であるもう1つの理由-標準誤差と仮説検定
  • 第3章 洞察の王道となる手法群-重回帰分析とロジスティック回帰
  • 第4章 データの背後にある「何か」-因子分析とクラスター分析
  • 終章 統計手法のまとめと使用の手順

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計学が最強の学問である
著作者等 西内 啓
書名ヨミ トウケイガク ガ サイキョウ ノ ガクモン デ アル
巻冊次 実践編 (データ分析のための思想と方法)
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2014.10
ページ数 373,77p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-02823-0
NCID BB17199303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22487336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想