老いの道づれ

沢村貞子 著

戦後間もなく脇役女優と雑誌記者が恋に落ちる。既婚者だった二人が困難を経て正式に結婚したのは二十余年後、著者六十歳のときだった。夫の没後、書斎の戸棚で見つけた「別れの手紙」。そこには、面と向かっては何も言わなかった明治生まれの夫から妻へ感謝の言葉が綴られていた-。亡き夫への思いを込めた最晩年のエッセイ集。巻末に黒柳徹子氏との対談を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九九四年…
  • 一九四五年…
  • 一九五五年…
  • 一九六八年…
  • 一九九〇年…
  • 一九九五年…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老いの道づれ
著作者等 沢村 貞子
書名ヨミ オイ ノ ミチズレ : フタリ デ アルイタ ゴジュウネン
書名別名 二人で歩いた五十年
シリーズ名 ちくま文庫 さ30-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.11
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43223-0
NCID BB17180779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22532043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想