海洋帝国興隆史

玉木俊明 著

近代黎明期、困難な海上ルートを通じて、世界へと乗り出したヨーロッパ諸国が築いた海洋帝国。ポルトガル海洋帝国が形成した異文化間交易のネットワーク。商業資本主義の時代、海運国家として繁栄を謳歌したオランダ。イギリスの電信網が生んだ世界の一体化-。ウォーラーステインの「近代世界システム」を海と商人の視点から捉え直し、ヨーロッパによる世界支配の本質に迫る。まったく新しい海事史(Maritime History)入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 地中海・北海・バルト海・大西洋
  • 第1章 「近代世界システム」の限界
  • 第2章 北海・バルト海・地中海の商業
  • 第3章 大西洋経済の形成とヨーロッパの一体化
  • 第4章 アジア・太平洋とヨーロッパ
  • 第5章 世界の一体化とイギリス
  • 終章 海からみた世界システム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海洋帝国興隆史
著作者等 玉木 俊明
書名ヨミ カイヨウ テイコク コウリュウシ : ヨーロッパ ウミ キンダイ セカイ システム
書名別名 ヨーロッパ・海・近代世界システム
シリーズ名 講談社選書メチエ 587
出版元 講談社
刊行年月 2014.11
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258590-3
NCID BB17137044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22498217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想