椿

有岡利幸 著

近世初期に本草書の刊行や栽培技術の発展によって、空前の大ブームを巻き起こした椿。人びとが愛でる花だけでなく、椿油や木材、生垣としての利用、信仰や昔話、民俗まで網羅した、椿の大百科。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 椿の植物誌
  • 第2章 記紀・万葉時代の椿
  • 第3章 平安時代から桃山時代までの椿
  • 第4章 近世初期に大流行した椿
  • 第5章 近世本草学と椿
  • 第6章 神仏をまつる社寺と椿
  • 第7章 椿の昔話と民俗
  • 第8章 近・現代の椿事情

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 椿
著作者等 有岡 利幸
書名ヨミ ツバキ
書名別名 Tsubaki
シリーズ名 ものと人間の文化史 168
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2014.11
ページ数 325p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21681-7
NCID BB17113749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22561645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想