地を這う祈り

石井光太 著

今この瞬間の飢えを凌ぐため、子供は蛆にまみれた生ごみを口に運び、今日を生きる金を得るために路上売春婦は自らの身体を売る。そして多くの喜捨を得ようと子供の手足を切断し、街中に立たせるマフィア-インド、アフガニスタン、アフリカなど世界各地のスラムで生活を共にすることで見えてきた、弱者が踏み躙られる現実。苛酷な運命を炙り出す、衝撃のフォト・ルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 血を流す少年-物乞い
  • 第2章 スラム-貧民窟
  • 第3章 少女売春婦の死-路上の性愛
  • 第4章 台車の老婆-食生活
  • 第5章 病気のドラッグ売り-薬物依存
  • 第6章 ゴミの中の胎児-廃品回収
  • 第7章 路上の恋文屋-大道商人
  • 第8章 テロリストの墓-紛争地
  • 第9章 檻の中の子供たち-障害者施設
  • 第10章 路上の神様-祈り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地を這う祈り
著作者等 石井 光太
書名ヨミ チ オ ハウ イノリ
シリーズ名 新潮文庫 い-99-5
出版元 新潮社
刊行年月 2014.11
ページ数 224p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-132535-4
NCID BB17112600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22489624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想