獣害対策の設計・計画手法

九鬼康彰, 武山絵美 著

[目次]

  • 第1章 獣害とその解決に向けた農村計画学からのアプローチ
  • 第2章 獣害対策の実態と住民意識の解明
  • 第3章 集落特性と農家の取り組み意向の関係から市町村の対策を構想する
  • 第4章 獣害対策への市町村の取り組み姿勢と課題
  • 第5章 集落ぐるみの獣害対策実施へ導く合意形成プログラム
  • 第6章 野生動物との共生に必要な境界空間の設計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 獣害対策の設計・計画手法
著作者等 九鬼 康彰
武山 絵美
農村計画学会
書名ヨミ ジュウガイ タイサク ノ セッケイ ケイカク シュホウ : ヒト ト ヤセイ ドウブツ ノ キョウセイ オ メザシテ
書名別名 人と野生動物の共生を目指して

Jugai taisaku no sekkei keikaku shuho
シリーズ名 農村計画学のフロンティア / 農村計画学会 監修 3
出版元 農林統計
刊行年月 2014.10
ページ数 135p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89732-306-0
NCID BB17109901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22487665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想