抗日遊撃戦争論

毛沢東 著 ; 小野信爾, 藤田敬一, 吉田富夫 訳

偉大な建国者か。文化大革命等で惨禍をもたらした独裁者か。「革命は、暴動であり、一つの階級が他の階級を打倒する激烈な行動である」の一節で有名な「湖南省農民運動視察報告」に「抗日遊撃戦争の戦略問題」「文芸講話」、毛沢東思想の根幹を伝える三論文。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 湖南省農民運動視察報告-一九二七年三月
  • 抗日遊撃戦争の戦略問題-一九三八年五月
  • 文芸講話 延安の文芸座談会における講演-一九四二年五月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 抗日遊撃戦争論
著作者等 吉田 富夫
小野 信爾
毛 沢東
藤田 敬一
書名ヨミ コウニチ ユウゲキ センソウロン
シリーズ名 中公文庫 モ10-1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.10
版表示 改版
ページ数 265p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206032-6
NCID BB17099014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22499771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想