日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

矢部宏治 著

なぜ、戦後70年たっても、米軍が首都圏上空を支配しているのか?なぜ、人類史上最悪の原発事故を起こした日本が、再稼働に踏みきろうとするのか?なぜ、被爆した子どもの健康被害が、見て見ぬふりをされてしまうのか?なぜ、日本の首相は絶対に公約を守れないのか?だれもがおかしいと思いながら、止められない。日本の戦後史に隠された「最大の秘密」とは?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沖縄の謎-基地と憲法
  • 2 福島の謎-日本はなぜ、原発を止められないのか
  • 3 安保村の謎1-昭和天皇と日本国憲法
  • 4 安保村の謎2-国連憲章と第2次大戦後の世界
  • 5 最後の謎-自発的隷従とその歴史的起源

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
著作者等 矢部 宏治
書名ヨミ ニホン ワ ナゼ キチ ト ゲンパツ オ トメラレナイ ノカ
書名別名 Nihon wa naze kichi to genpatsu o tomerarenai noka
出版元 集英社インターナショナル : 集英社
刊行年月 2014.10
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7976-7289-3
NCID BB17086475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22489375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想