「非正規大国」日本の雇用と労働

伍賀一道 著

[目次]

  • 序章 「非正規大国」日本の問題
  • 第1章 雇用と働き方・働かせ方の今日的特徴
  • 第2章 雇用形態の変転、リスク化する非正規雇用
  • 第3章 間接雇用は働き方・働かせ方をどのように変えたか
  • 第4章 正社員に広がる無限定な働き方、長期雇用の変容
  • 第5章 雇用と働き方の劣化の歴史的背景と今日の要因-戦後史をふりかえって
  • 第6章 雇用問題から見た生活保護
  • 第7章 労働分野の規制緩和、「構造改革」政策批判
  • 第8章 安倍政権の「雇用流動型労働改革」は何をもたらすか
  • 終章 「非正規大国」日本の雇用と労働-これまでとこれから
  • 補論 人材ビジネスと国際労働基準

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「非正規大国」日本の雇用と労働
著作者等 伍賀 一道
書名ヨミ ヒセイキ タイコク ニホン ノ コヨウ ト ロウドウ
書名別名 Hiseiki taikoku nihon no koyo to rodo
出版元 新日本出版社
刊行年月 2014.10
ページ数 362p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-406-05825-4
NCID BB17067131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22488796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想