ガリヴァーの訪れた国

柄戸正 著

イザベラ・バード、ゴードン・カミングとともに明治初期、開国間もない日本にやってきた世界的女性探検家にして植物画家、マリアンヌ・ノース。彼女が書き残した手記を手がかりに、旅に生きたその半生を描く決定版評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界旅行
  • 2 横浜
  • 3 東京
  • 4 神戸、大阪
  • 5 京都
  • 6 ドイツ、オーストリア紀行
  • 7 帰国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリヴァーの訪れた国
著作者等 柄戸 正
書名ヨミ ガリヴァー ノ オトズレタ クニ : マリアンヌ ノース ノ メイジ ハチネン ニホン キコウ
書名別名 マリアンヌ・ノースの明治八年日本紀行
出版元 万来舎
刊行年月 2014.9
ページ数 171p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-901221-81-8
NCID BB17060110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22480433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想