明治絵画と理想主義

植田彩芳子 著

明治絵画史における「理想」とは何か。日本画家の横山大観、洋画家の黒田清輝の絵画を中心にその美学的背景を探る。明治後期、西洋の理想主義がどのように受容されたのかを、日本の近代美術の展開と合わせて検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理想主義をめぐる理論と実践(理想主義とイデア-フェノロサ「妙想」考
  • 岡倉天心の課題制作の前提
  • 意匠研究会(遂初会)の課題制作-明治三十年前後
  • 日本美術院の課題制作)
  • 2 横山大観筆"屈原"と「エクスプレッション」(横山大観筆"屈原"分析
  • 画中人物の感情を描く
  • 「エクスプレッション」をめぐって
  • 小泉八雲「日本絵画論」とその影響
  • 横山大観筆"聴法"における「エクスプレッション」)
  • 3 「心待ち」をめぐって-黒田清輝と岡倉天心(東京美術学校西洋画科カリキュラムの変容
  • 黒田清輝と岡倉天心の意見の食い違い
  • その後の黒田清輝の理想画観)
  • 4 黒田清輝筆"昔語り"の構造("昔語り"の概要と「構想画」
  • 構図の分析
  • 木下杢太郎「京阪聞見録」)
  • 5 黒田清輝筆"智・感・情"と美学(主題の典拠をめぐって
  • 明治期の心理学史・美学史とスペンサー美学
  • 黒田清輝筆"智・感・情"とスペンサー美学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治絵画と理想主義
著作者等 植田 彩芳子
書名ヨミ メイジ カイガ ト リソウ シュギ : ヨコヤマ タイカン ト クロダ キヨテル オ メグッテ
書名別名 横山大観と黒田清輝をめぐって

Meiji kaiga to riso shugi
シリーズ名 シリーズ近代美術のゆくえ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.11
ページ数 229,2p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03838-6
NCID BB17058141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22493763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想