幕末史

佐々木克 著

日本が大きく揺らいだ激動の幕末。江戸の末期、国際社会へ漕ぎだしていった時代に、いったい何が起きたのか。吉田松陰、坂本龍馬、大久保利通といった若者たちは、どのような志を抱いて生きたのか。本書は、日本を立ち直らせるために「挙国一致」で立ち向かった人々の姿を、最新の史料からダイナミックに見通していく。ペリー来航から明治国家の建設まで、日本が根底から生まれ変わる軌跡を、第一人者が一望に収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 屈辱の出発 1853‐1859
  • 第2章 尊王攘夷運動 1860‐1863
  • 第3章 遠のく挙国一致 1863‐1865
  • 第4章 日本を立ち直らせるために 1865‐1866
  • 第5章 新政府の創設 1866‐1867
  • 第6章 明治国家の課題 1868‐1890

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末史
著作者等 佐々木 克
書名ヨミ バクマツシ
書名別名 Bakumatsushi
シリーズ名 ちくま新書 1096
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.11
ページ数 355p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06800-2
NCID BB17057932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22534794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想