何を怖れる

松井久子 編

1970年のウーマン・リブ誕生から40数年。フェミニズムの第一世代として、批判や攻撃をものともせず、最前線を走り続けた田中美津、米津知子、滝石典子、上野千鶴子、井上輝子、樋口恵子、加納実紀代、池田恵理子、高里鈴代、田中喜美子、中西豊子、桜井陽子の12人が、自らの人生とフェミニズムへの思いを語った貴重な同時代史。映画『何を怖れる』に収めきれなかったインタビューを全面的に活字化!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「私」を生きる(田中美津-「とり乱し」の思想
  • 米津知子-女性/障害者の排除に抗して
  • 滝石典子-シングル・マザー、困難にめげず)
  • 2 「女」って何?(上野千鶴子-女たちとの出会いから
  • 井上輝子-女性学を育てて
  • 樋口恵子-女の未来を切り開く)
  • 3 「考えてほしい」(加納実紀代-「銃後の女性」の戦争責任を問う
  • 池田恵理子-「慰安婦」問題が人生を変えた
  • 高里鈴代-沖縄で基地と暴力を問う)
  • 4 あなたへの伝言(田中喜美子-主婦という「呪縛」を超えて
  • 中西豊子-女の情報を届けるために
  • 桜井陽子-いま、ここから、のフェミニズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 何を怖れる
著作者等 上野 千鶴子
中西 豊子
井上 輝子
加納 実紀代
松井 久子
桜井 陽子
樋口 恵子
池田 恵理子
田中 喜美子
田中 美津
高里 鈴代
滝石 典子
米津 知子
書名ヨミ ナニ オ オソレル : フェミニズム オ イキタ オンナタチ
書名別名 フェミニズムを生きた女たち

Nani o osoreru
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.10
ページ数 190,3p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-024171-7
NCID BB17057604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22497174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想