「ひきこもり」に何を見るか

鈴木國文, 古橋忠晃, ナターシャ・ヴェルー 編著

いまや世界的な話題となっている「ひきこもり」。研究の前線に立つ日本とフランスの第一人者たちが、精神医学・社会学・人類学・哲学などの多様な領域から、ラディカルな考察と豊富な事例を通じて、現象の深層に光を当てる。今日の社会の問題点のみならず、この現象のポジティヴな可能性をも探る新たな挑戦。ひきこもり現象のなかに、今を生きるための鍵を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ひきこもりと今日の社会(同時代人としての「ひきこもり」
  • メンタルヘルス-自律条件下の社会関係と個人差
  • 自律と自給自足-政治的・道徳的概念から個人の「社会病理」へ
  • フランスと日本の「ひきこもり」の心的構造
  • 敷居の乗り越え-成年期への移行における障害と中断について
  • 出ていくか留まるか-「ひきこもり」を理解するための四つの手がかり)
  • 第2部 日仏のひきこもり事例を踏まえて(「ひきこもり」の多様な形態とその治療
  • 青年の「ひきこもり」-ひとつの否定的選択として
  • ひきこもりの精神分析-幼少期のコンテイニング不全から生じる誇大なナルシシズムと受動的攻撃性
  • 心理的かつ社会的な脱‐連接
  • 発達障害者と「ひきこもり」当事者コミュニティの比較-文化人類学的視点から
  • 学校恐怖症とその変化形-学校保健の現場から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ひきこもり」に何を見るか
著作者等 Tisseron, Serge
Vellut, Natacha
古橋 忠晃
小川 豊昭
鈴木 国文
Fansten Ma¨ia
Figueiredo Cristina
ファンステン マイア
フィギュエイレド クリスチーナ
ヴェルー ナターシャ
鈴木 國文
書名ヨミ ヒキコモリ ニ ナニ オ ミルカ : グローバルカ スル セカイ ト コリツ スル コジン
書名別名 グローバル化する世界と孤立する個人

Hikikomori ni nani o miruka
出版元 青土社
刊行年月 2014.11
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6823-3
NCID BB1704530X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22491132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「ひきこもり」の多様な形態とその治療 マリー=ジャンヌ・ゲジ=ブルディオー
ひきこもりの精神分析 小川豊昭
フランスと日本の「ひきこもり」の心的構造 古橋 忠晃
メンタルヘルス アラン・エレンベルグ
出ていくか留まるか クリスチャン・ガラン
同時代人としての「ひきこもり」 鈴木國文
学校恐怖症とその変化形 クリストフ・ギネ
心理的かつ社会的な脱-連接 セルジュ・ティスロン
敷居の乗り越え クリスチーナ・フィギュエイレド, マイア・ファンステン
発達障害者と「ひきこもり」当事者コミュニティの比較 堀口佐知子, 照山絢子
自律と自給自足 ピエール=アンリ・カステル
青年の「ひきこもり」 ナターシャ・ヴェルー
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想