北京大学と清華大学

林幸秀 著

経済の急激な拡大に伴い、中国の大学は発展している。本書では、中国の最高学府である北京大学と清華大学に焦点を当て、両大学の歴史、現況、そこで学ぶ学生の日常生活、教員インタビューで得られた両大学の優れた点と課題を記述した。その上で、欧米や日本のトップ大学との比較を行い、両大学の科学技術力の現状を分析した。今後、これら中国の大学の動向を十分に把握し、どのように競争・協力していくかを考える必要があろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 歴史
  • 2章 現況
  • 3章 学生生活
  • 4章 教員インタビューでの印象
  • 5章 国際比較
  • 6章 参考資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北京大学と清華大学
著作者等 林 幸秀
書名ヨミ ペキン ダイガク ト セイカ ダイガク : レキシ ゲンキョウ ガクセイ セイカツ スグレタ テン ト カダイ
書名別名 歴史、現況、学生生活、優れた点と課題
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2014.10
ページ数 134p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86345-223-7
NCID BB17039566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22487213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想