理不尽な進化

吉川浩満 著

99.9%の生物種が消える?「絶滅」から生命の歴史を眺める!この世は公平な場所ではない?進化論が私たちに呼び覚ます「魅惑と混乱」の源泉を、科学と人文知の接点で掘り当てる、進化思想の冒険的考古学!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 進化論の時代(進化論的世界像-進化論という万能酸
  • みんな何処へ行った?-種は冷たい土の中に ほか)
  • 第1章 絶滅のシナリオ(絶滅率九九・九パーセント
  • 遺伝子か運か ほか)
  • 第2章 適者生存とはなにか(誤解を理解する
  • お守りとしての進化論 ほか)
  • 第3章 ダーウィニズムはなぜそう呼ばれるか(素人の誤解から専門家の紛糾へ
  • グールドの適応主義批判-なぜなぜ物語はいらない ほか)
  • 終章 理不尽にたいする態度(グールドの地獄めぐり
  • 歴史の独立宣言 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理不尽な進化
著作者等 吉川 浩満
書名ヨミ リフジン ナ シンカ : イデンシ ト ウン ノ アイダ
書名別名 遺伝子と運のあいだ
出版元 朝日出版社
刊行年月 2014.10
ページ数 422,24p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-255-00803-5
NCID BB17027057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22490361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想