中小企業のマクロ・パフォーマンス

後藤康雄 著

「下町の工場」のイメージが先行する日本の中小企業。会社全体の99%以上、就業者の約7割を占め、あまりに多様でつかみどころがなかった「静かなる多数派」は、果たしてこの国のダイナミズムの源泉なのか?それとも過剰に保護された非効率部門か?広汎なデータと計量手法を駆使して近代経済学の視点から中小企業像を包括的・定量的に捉え、今後のあり方を問う画期的力作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中小企業をどう捉えるか
  • 第2章 中小企業研究の意義
  • 第3章 中小階層のプレゼンスの時系列的変化
  • 第4章 中小企業と景気循環
  • 第5章 中小企業部門の生産性と技術革新
  • 第6章 中小企業を支える労働
  • 第7章 中小企業の資金調達
  • 第8章 中小企業政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中小企業のマクロ・パフォーマンス
著作者等 後藤 康雄
書名ヨミ チュウショウ キギョウ ノ マクロ パフォーマンス : ニホン ケイザイ エノ キヨド オ カイメイ スル
書名別名 日本経済への寄与度を解明する
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2014.10
ページ数 355p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-532-13455-6
NCID BB17008380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22489211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想