宗主権の世界史

岡本隆司 編

現代の国際秩序を問い直す。「宗主権」とは何か。西洋人が多用したこの不可思議な概念の背後に歴史的大転換を読み解くことによって、西方・東方の多元的な文化圏を統合したオスマン帝国と清朝の「普遍性」の解体をはじめて包括的に捉え、現在までつづく世界秩序の形成過程を解明した画期的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 オスマン秩序体系の転換と西洋(オスマン帝国における附庸国と「宗主権」の出現-ワラキアとモルドヴァを例として
  • 主権と宗主権のあいだ-近代オスマンの国制と外交)
  • 第2部 西方から東アジアへ(宗主権と国際法と翻訳-「東方問題」から「朝鮮問題」へ
  • 東西の君主号と秩序観念
  • ロシアの東方進出と東アジア-対露境界問題をめぐる清朝と日本)
  • 第3部 近代日本と翻訳概念(Diplomacyから外交へ-明治日本の「外交」観
  • 日清開戦前後の日本外交と清韓宗属関係)
  • 第4部 翻訳概念と東アジアの変貌(モンゴル「独立」をめぐる翻訳概念-自治か、独立か
  • チベットの政治的地位とシムラ会議-翻訳概念の検討を中心に)
  • 第5部 東西新秩序のゆくえ(中国における「領土」概念の形成
  • 宗主権と正教会-世界総主教座の近代とオスマン・ギリシア人の歴史叙述)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗主権の世界史
著作者等 古結 諒子
山添 博史
岡本 隆司
望月 直人
森田 吉彦
橘 誠
藤波 伸嘉
黛 秋津
小林 亮介
書名ヨミ ソウシュケン ノ セカイシ : トウザイ アジア ノ キンダイ ト ホンヤク ガイネン
書名別名 東西アジアの近代と翻訳概念

Soshuken no sekaishi
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2014.11
ページ数 399p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0787-0
NCID BB16987837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22495578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想